カカシ食研の開発力

R&Dセンター
本社及び東京営業所の東西2拠点に開設しており、調味液や食品添加物等の研究開発を行っています。当研究室はお客様のニーズに細かく対応し、新製品をタイムリーにお届けできることが強みです。時代とともに変化する人の好みを敏感に察知し、常に求められる製品創りを目指しています。
R&Dセンターでは、主にどんな製品を開発していますか?
キムチ用調味液、漬物用調味液、品質保持剤などです。当社オリジナル製品以外に、お客様専用品としてご要望をお受けするケースもあります。
1つの商品を開発するのにどれくらいの時間がかかりますか?
依頼内容によって異なりますが、平均1~2ヶ月程度かかります。中でも品質保持剤は開発が難しく、1年がかりで開発することもあります。お客様からの味合わせなどのご要望に対しては2~3日で仕上げるものもあります。当研究室はお客様のご要望にスピーディーかつ的確にお応えできるよう最大限の努力をしています。
一ヵ月あたり何種類くらいの新製品を開発しますか?
お客様の専用製品が2~3種類です。開発した製品はもちろん、それを使って作る漬物などのレシピも同時に考案しますので、レシピに関しては新しいものがほぼ毎日できるといった感じです。また研究室では、1年間に10~12種類のオリジナル製品を開発しています。
製品開発で工夫していることは何ですか?
各地方によって味の好みが異なります。例えば関東と関西では味付けを変えています。さまざまな漬物の味を研究するため、各地方の製品を試食し意見を出し合ったりもします。
特に人気の高い製品は何ですか?
なすの漬物の品質保持剤です。おかげさまで多くのメーカー様にご愛顧いただいております。様々な製品が販売されている中で、当社のものを変わらずに選んでくださるお客様や、「こんな製品が欲しい」という新規のお客様のご期待に沿えるよう、さらなる品質向上や開発に努めていきたいと思っています。
今後の展望をお聞かせ下さい。
漬物業界だけでなく、新たに外食産業などにも目を向けた製品開発を考えています。研究室独自のやり方に固執するのではなく、営業と一体になり、外の情報を常に取り入れながら消費者のニーズに合った製品開発を行っていきたいと思います。